帯広以外のラーメン屋さん

2007年3月26日 (月)

帯広以外のラーメン屋さん 『麺屋彩未』編

さて、ここぞとばかりの札幌ラーメン屋めぐり?も最後の店。

3件目は、札幌の友人が「札幌で3本の指に入る!!」と豪語してた

「麺屋彩未」へ!

何時に行っても行列で一杯と聞いたので、

あまりに並んでいたら諦める覚悟だったんですが(帯広への帰路もあるので・・・)

タイミングが良かったのか、店内に数名待ってる程度。ラッキー!

Dvc00002_5

すかさず入店!

ちなみに暖簾の端っこに「すみれより」って書いてありまして

聞くところによると、唯一すみれから暖簾分けしてもらったお店だとか。

Dvc00015

入るとすぐに店員さんが注文を聞きに来てくれて

今回はなぜか?醤油を注文。

店内には10人程度のカウンターと2つのテーブル席。

目を引いたのが、木彫りで彩未と彫られた大きな表札(看板?)

これにも右下端に「すみれより」って彫ってありました。

待つこと15分位でしょうか、醤油ラーメン登場!(写真撮り忘れ・・・)

具にかまぼこと岩のりが入っていた事が新鮮でした。

味は確かに美味かった・・・

けど、

感動は無かった・・・

この日三杯目だったのがいけなかったのか?醤油だったからか?

友人が注文した味噌を横から箸を伸ばして食べてみた。

あ~すみれ系の味だわ

ん?

花びら?の味がする・・・?

ま~感想はこんなところでおしまいです

近いうちに確認の為にもう一度来てみよう。もちろん味噌で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

帯広以外のラーメン屋さん 『麺武はちまき屋』編

前回の「てら」を紹介しましたが、

やっぱり行かなきゃ!食べなきゃ!っと思い

「麺武はちまき屋」へはしごしてきました!

Dvc00003_3

ここが「麺武ざぼん」が尊敬しているお店かぁ~なんて思いながら

店内へ・・・

まず目入ったのは

タオルを頭に巻いた店主!

なんだか職人気質と、真面目そうな雰囲気がにじみ出ていて

この店主の作るラーメンなら安心して食せると感じました。

店主に対しそんな感じを受けたので余計に意外に思ったのですが

店に入ってすぐ左側に券売機がありちょっとビックリ!

(似合わないと言うか不釣合いと言うか・・・)

9席ほどのカウンター席のみで、ニンニクの良い香りが店内にあふれていました

で、私は味噌を購入

ここの店主もすみれ出身という事で味噌に決めました。

やっぱり?当然?時間も昼1時頃だった事もあり、満席状態でした。

購入した券の半券を女性の方に渡して奥の方の待合席へ。

後でカウンター席に着いてから分かったのですが

麺の硬さ・スープの濃さ・更に具の量までも好みに応じてくれるようです。

ただし「初めての方はまずノーマルで召し上がる事をおすすめします」的な事が

カウンター前に貼ってありましたが。

Dvc00005_4

ちなみにカウンターの上部にもメニューが書いてあります。

で、出てきたラーメンがこちら

Dvc00004_1

(相変わらず写真撮るのが下手でスイマセン・・・)

どんぶりに「はちまき屋」と金色で書いてあります。(写真の左側)

具はメンマ・キクラゲ白髪ネギ・チャーシュー(写真では全てが見えないですが・・・)

スープは濃厚ですが「ざぼん」と比べると、こちらの方がちょっとあっさりに感じ

腕まくりでどんぶりを両手に持ち、ゴクゴク飲みたくなるスープです。実際しましたけどね。

Dvc00008_1

さて、この日は更にもう一軒のラーメン屋へ行ったのですが

それはまた後日書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月21日 (水)

帯広以外のラーメン屋さん 『てら』編

チョイと友人との用事を済ませに札幌へ行くことに。

朝の8時頃帯広を出発。

で、ちょうどお昼頃札幌に到着。

おなかが空いてきたので、今回こそ「麺武はちまき屋」へ!

っと思っていたのだが、そーいや「てら」ってラーメン屋さんが

美味しいと風の噂?で聞いていたいたので、

住所的にも自分が居る所(琴似)から

近かい事から 「てら」へGO!

店はすぐに発見。早速店内へ。

カウンターのみの店内は満席

その後ろで並んで待っている人も7・8名と

そんなに広くない店内は満員状態でした

暫く待ってカウンターへ着席

さて、何を頼もうかなぁと一瞬考えたが

目の前に「極太にんにく醤油」750円と貼ってあったのでそれを注文

Dvc00012

麺が茹で上がるのに10分程かかると書いてある・・・

が、その時はその意味を深く考えることはなかった、

のちにとんでもない衝撃を受けるとも知らずに・・・

友人と会話していた事もあって何分待ったかは定かではないが

目の前にラーメンが登場!!

Dvc00013

ド~ン!!チョット写す角度悪いが・・・)

どんぶりからはみ出すほどに山盛りのもやしとキャベツ。

そして厚切りのチャーシューとチョッと粗めに擂ったニンニク。

その具達をかき分けると・・・

なんじゃこりゃあ~!!

持っている割り箸とさほど変わらない太さの麺が!!

(あの~僕頼んだのうどんでなくてラーメンなんですけど・・・

って言いたくなるほどの太さ!)

あまりの太さにボーゼンとし、笑みがこぼれましたwww

そしてきちんと麺の写真を写すのも忘れてしまいました・・・

山盛りの具をこぼさない様に食べるにはチョッと苦戦したが

食べ応え充分の麺と、ニンニクの効いた濃厚なスープは

かなり美味かった!

特にスープは絶品でした。このスープで普通の太さの麺を

食べてみたいと思いましたわ。

とにかく衝撃受けまくりだった『てら』のラーメン。

一つ後悔するなら大盛を頼まなかったことかな?

Dvc00007_4

Dvc00006_3

| | コメント (0) | トラックバック (2)